金子みすゞの自然観とお茶会での気付き

金子みすゞといえば、

有名な女性詩人。

誰もが、小学生の頃、

国語授業で、

彼女の詩に触れているんじゃないかな。

と思います。

私も大好きな詩人です。

この本と、たまたま出逢って

読み進めると、

彼女の短命な一生を知ること。

そして、

彼女の

数々の詩から、

彼女の人生での哲学と自然観を、

背景に詩を感じることできる様になります。

先日のブログでも書いた、

お茶会での気付き。

さらに、もう1つの気付きは、

お道具に描かれている、

[風景について]

優れている作品は、描かれた絵を見ると

*見る人の頭の中に*

風景としの

景色が、

自動的に創造されていくもの。

なんだと、感じました。

言葉は無くても伝わる、

作者の見た.描きたい風景

が、お道具にはあります。

金子みすゞの詩の

言葉の選び、そして並び。

抗うことのできない

[自然の摂理]を、

読み手の頭の中に描かせる力。があります。

私はこの本を読み、

[彼女への理解]が少し増えました。

そして、

[お茶と、金子みすゞの歌(詩)には、

通ずる自然観がある]と

感じます。

どちらも、

自然の摂理を背景に、

読み手と見る人の頭に

鮮明に生きた映像を生み出してくれます。

自然に抗うことなく.抗えない中で得た

経験。そして喜び.悲しみだけでなく、

静かな心の波立ちまでも

感じさせてくれます。

良いです。

□写真家 幸野朱里

名古屋を拠点に、女性ヌード撮影を行っています。

詳細はこちら